インターネットを利用してうつ病チェックを受けることが可能

うつ病の症状

うつ病の症状とはどんなものか

体が病気になることがあるように、心も病気になることがあります。代表的な病気としては、うつ病があります。うつ病の原因は、環境の変化や人間関係などが原因でストレスを抱え込み、それをずっと我慢し続けているうちにうつ病を発症してしまうことが多いようです。うつ病になりやすい人の傾向としては、真面目で責任感が強く、完璧主義の人が多いことが知られています。うつ病の症状は夜眠れない、朝起きられない、食欲がない、やる気が起こらない、趣味が楽しめないなどがあり、表情も沈みがちになるので、周りの人が気が付くケースも多いようです。またあまり知られていませんが、めまいや頭痛、腹痛や胃痛、便秘や下痢などの症状がある場合もあります。

休養したり、好きなことをするのが気分転換になる

うつ病は自己肯定感が低くなり、不安感に襲われたり、落ち込みがちになる場合もあれば、イライラして怒りっぽくなり、攻撃的になる場合もあります。うつ病は思考がネガティブな方に偏りがちになっているので、カウンセリングや心療内科などを受けることが有効です。症状によっては薬が処方されることもあり、つらい状態が改善し、楽になるのに役立ちます。うつ病にならないためには、ストレスを溜め込まないことが大切です。ストレスの原因は解消しなくても、自宅に帰った後や休日などに話を聞いてもらったり、好きなDVDや本、音楽を楽しむなど、気分転換することが大切なのです。疲れていて元気がでないときはたっぷり睡眠をとったり、好きな食べ物を食べるだけでもリフレッシュします。