インターネットを利用してうつ病チェックを受けることが可能

うつ病を治療

うつの治療費について

 なにかとストレスの多い現代社会ではうつ病は心の風邪といわれるくらい一般的なものになってきています。でもいざかかってしまうと病気もさることながら、職場を休職することによる収入の減少、そして医療費がかかることにより経済的にも負担が大きくなってしまいます。  大体投薬やカウンセリングにより月3000円から10000円くらいかかっている方が多いようです。  経済的理由で治療を断念してしまわずに済むように、自立支援医療制度というものがあります。うつ病などの精神疾患に適用される制度で所得に応じて20000円を上限に公費で援助してもらえます。  役所や保健センターに申請をすると利用ができますので負担が重い方は利用してみるといいかもしれません。

セルフチェックで早期発見

 どんな病気でもそうですが、うつ病でも早期発見が重要になります。  ではうつ病の初期症状とはどんなものでしょうか。  まず憂鬱な気分がつづきます。午前中が特にひどく夕方になると少しましになります。そしていままで楽しめていたことに興味がもてなくなり何をしても楽しくなくなります。不安でじっとしていられなくなり集中力なども低下し悲観的になります。  身体的には食欲が落ちたり、逆に異常に増進したりします。また夜眠れなくなったり夜中に何度も目がさめたり早朝に目覚めてしまったり等の睡眠障害が続きます。また体が重く疲れやすくなり、着替えなどの日常動作も億劫になったりします。  このような症状が現れたら速やかに精神科を受診しましょう。うつ病は悪化すると自殺など死に至る病です。早期に治療を開始すると早期回復も望めます。